とある男の断章

30代ゲイの思うこと

自己紹介

みなさま、おはようございます、こんにちは、こんばんは?
じじと申します。

タイトルにもありますが、自己紹介などをしてみようかと。

当方、30中盤に差し掛かりましたゲイでございます。ずっとゲイであることを秘密にして生きてきました。なんとなくの性自認は小学生くらいからしていたように思います。ちょっと変わった子供で女の子っぽいところがあったのか、からかわれることがよくありました。しかし、今に至るまで全然ばれてないことに気付きましてびっくり。おそらくストレートの人からするとそんなこと想像がつかないのでしょうね。

ずっとひた隠しにしてきた僕ではありますが、とある出来事によりゲイであるということを受け入れて、それなりに(いや、本心ではとても)幸せな人生を歩んでいきたいと思うに至りました。

 

潮時だったのでしょうか。とある出来事自体は残念なものだったのですが、今となっては、それをきっかけにして、人生の理解者の素晴らしい第一号を得ることができ、自分を出せる場を探して踏み出せるようにもなり、徐々にですが自分が大きく変わりつつあることを実感しています。

 

このブログもその一つになるといいな。

 

人生は素晴らしい!そう思える時間を過ごして行きたい。

 

以後お見知りおきを!

よろしくお願いいたします。