とある男の断章

30代ゲイの思うこと

ふひー憂鬱な夜

今日は情緒不安定につき、1日に2回更新しちゃう。

 

どうも、連休の最終日はよくない。休みが1日だったら、疲れてるからってのもあってか余計なことはさほど考えないんだけれども、(本業?が)連休だと、単発休みより酷くなる。

 

しかも、今日は夜に副業のお仕事が…

 

翌日仕事の前日夜仕事はただでさえ堪えるのに、メンタルが落ち気味というね。

 

しかも、この休み、合唱の人たちと会ってないこともあって、寂しさも増しているというかなんというか…

合唱団全体でみると、一応若い方にはいることもあってか、優しくしてくれるお兄様方が多い。「あれ、ちょっとかわいいと思ってくれてるのかも?」って言動をする人も中にはいる。そういう人に限って彼氏のいる人だったりはするんだけれども、でも自己肯定感が増すので優しくしてくれたり、かわいがってくれるのは、うれしいことであるのです。

多分、優しさに餓えてるんだと思う。

 

こっちの世界の集まりじゃなくても、ごくまれにそれに近いことを感じることもある。既婚で子供が何人かいる人だったりもするんだけれども、「あれ、この好意はノンケさんのそれとはちょっと違う気が?」ということがあったりもする。気のせいの可能性も高いけど、バイっ気があるのかな?セクマイ人口は13人に1人くらいの割合でいるとのことなので、30~40人の集団には2,3人いてもおかしくないはずなんだけどね。

 

それで、実際なにかあったりするわけではないのだけれども、男性から好意を感じる言動をもらうとやっぱ嬉しいんだよね。

女性からのは友情的なものだったら嬉しいんだけれども、微妙なラインの時は困ってしまう…

 

人恋しである。

 

でも、それで相方さんができるかというとそう簡単には行かないのである。

自分の性格、嫌いではないんだけれども、自分と似た性格の人を好きになるかと問われれば、多分ならない。

こんなブログ書いてる時点でちょっとだわ…結構面倒くさい性格をしていると思う。

 

精神的な依存度高めの癖に、一人も好きで、喜怒哀楽も激しいし、やる気ないときとか疲れとかすぐ表に出すしetc...と悪いところを挙げだすときりがない…

 

あー、この行動が自分を追い込むのね…

 

別に、大体似ててもいいんだけれども、もう少しだけどーんと構えている人がいいかもしれない。

 

 

時々弱気な、自暴自棄な、ネガティブな記事を書くけれども、これでもちょっと強がっているというかよく見せようとしているというか…いや、みんなそうなのかもしれないけれども、なんとなくそういうところが嫌に見えちゃう、自分が嫌かも。

 

とかいう、こういうこねくり回したような、うじうじとした、無限ループ的な悩み方をするのが一番面倒くさいところかなと思っています。

 

自分でも自分のこういうところが面倒くせぇ…

 

はー、今日、すごいネガティブwww

ここまでだと逆に面白いわ。