とある男の断章

30代ゲイの思うこと

父性に想う

いろいろありまして、病院の待合室なうです。

医師の忍耐強さ、頭が下がります。同じような発言を繰り返す要領を得ない亀のような会話を進めながら診察する。
はぁ、自分には絶対できない。

医師になるにはまず頭が足りないけど、それ以上にぶちギレてしまいそう。医師に限らず医療従事者の皆様はどうメンタルの管理をしているのでしょう…



ここのところノンケの男ばかりの環境にちょっといたわけであるが、いわゆる父性というものに触れる機会が多くて、複雑な心を抱いています。
エロ話ばっかりしやがってと、うんざりすることもあるのだけれども、見直すというか、世の女性たちはこういうところに惹かれているのかなと思ったり(当然の事として受け取りすぎて、旦那の扱いがひどい人についてはムカついてることもある。そういう組は離婚の話してたりして、はやく別れちまえと思ったりも)いや、同姓だからこそよけい意識するのかな?と思ったり…

妻子のことはもちろんなんだけど、父をなくしたお兄ちゃんの感覚なんか聞くと、ね…

というのも自分には全然ない感覚なのである、父性。守るべきものがないからなのかな。

子供ができて変わったよって人は言うけれども、そんな機会ないし、なんかもっと根本的な違いな気もしている。

男を題材にしてしまったけど、女でももちろん同じような人はいるのだろうと思う。ただ、そういう人と触れる機会がないだけで。しかし、ノンケ男性集団にいる場合はどうしても男側の話を聞くことが多いからなのか、いや夫婦の一般的な形としてはやはり男性の方が父性の強い傾向が高いのか。後者な気もしている。男性が持っていることの多い属性なのかな。
住んでいる土地柄もあるかもしれない。


で、そういう面のない自分がとても未熟に思える。
地に足ついていないというか… 現実に生きていないというか…逃避願望が強すぎるのかな。

とまぁ、ノンケ男性をほめてしまったが感じさせない人もまぁまぁの頻度でいて、そういう人にはあまり惹かれないのぅ。
性別とか性的志向とかいうよりも、個々に備わった性質なのかもしれない。

これでね、自分がどっしり地面に根を下ろしている人間だったら、もう少し魅力的だったかもしれないなと思いつつも、ないから仕方ない。

時々こうやって後ろ向きになったり、また前を向いたりして生きていくのか知らん。

まだ少し先だけれども、不惑を迎えたときにはもう少し大人になっていたい。

ちゃんと吹っ切りたいね

今にも寝そうな中書いているので、明日書き直すかも…

 

この連休地域行事で終わりました。

田舎に帰ってきちゃった組としてはしかたないんだけれども、面倒くさくはあります。それでもって、合唱の練習に全然行けていないという…やべぇ…

 

地域行事の打ち上げがあったわけなんだけれども、帰り道、玉砕した人と二人になるということが起きました。

以前から「彼としては友達には戻れたと思っているのかな?」とは思っていたのだけれども、久々に二人で会話してみると確信に近づいたかなと。

完全に前の通り…には、そりゃ当然ならないし、どちらかというと多分自分のほうが変に意識しちゃっているんだけれども、割と自然な感じにはなったのかな。多少変な感じがしようとも拒絶されるよりいいのかなと思ったり、嫌われちゃったほうが楽だったかなと思ったり…複雑ではあります。

 

今だって、まだ多分好きだから。

 

でもね、これは先が絶対ないなー、とも、うすうすわかってはいるので、違う方に目を向けたほうがいいのだろうと思う。実際にそうしているし。

 

しっかし、どこに惚れたのかな…

 

背が高くて男気のある性格…かな。どちらも自分にはない要素。

歌が下手なのは結構残念だなと思った(苦笑) こんなん本人には凹むから言えないわ...

 

アホな男の集団にありがちなんだろうけれども、下世話なホモネタというかなんというか…「最後に咥えたのいつ?」とかいう、本当にお下劣なことを冗談で、というのもごく一部以外にはカミングアウトしてないので、聞いてくるアホウどもがいるのだけれども、そういう会話への受け答えを聞く彼はどう思うのかな?と少し気がかりではあります。

何とも思ってないかもしれないけど。

「NAO」が好き

J-POP、しばらくというかずーっと長い間熱が醒めていたんだけれども、合唱団に入ったせいか、ちょっと再燃してきているかもしれない。

 

最近HYがお気に入り。こっちの人あるあるっぽいwww

 

わけあって「366日」を最近知ったわけなんだけれども、それに関連して「NAO」にはまりつつある。

 

この歌詞ねー。どうしようもない恋だな(苦笑)とは思うけれども、わかる…とも思う。

 

幸いなのか不幸なのか、僕はこういう経験をしたことはない。というのもフラれているからwww

キープはされたことがないというか、されそうになったけど「どっちなの(半ギレ)」ってしちゃってるからなんだけれどもね。

 

ちょい脱線。

好きと言われたとしても、好きにも程度はあるし、冷静に思い返して考えたらやっぱ違ったとかいろいろあるのだろうし、つながらないことはあるのですよね。

そう思わないと自分がかわいそうというのもあるけれど(苦笑)浮気でも不倫でも、「好き」という表明をしたのであれば程度の差こそあれ、本心ではあるのだろうと思います。

でも、程度が至らなかったのは仕方ない。人の心はその人のものなので。。。

自分の心を納得させるのもまた時間がかかるのだけれども... 

 

そんなこんなでこの歌詞まんまの想いを抱いたことはないけれども、片思いの辛さはわかるわぁ。そればっかりだからね(白目)

片思いって切ないですよね。「あれれ、もしかして!?」という妄想でとっても幸せになる瞬間もあるんだけれども、その何倍も、何十倍も、何百倍も不安の方が大きいし、長い。

 

辛いってわかっているのにしてしまうのが悲しいところ。

本当に…

こっちの世界に踏み出そうと思うしばらく前、最後の片思いが訪れる前は、もうずっとしないと思っていたけど、結局来ちゃったしな。思い出したようにしてしまう…

 

そろそろ、報われてもいいと思うの、自分。

 

愛されてはいるの玩具としてはwww

あるときは玩具でももちろんいいんだけれども、別の形としても愛されたいわ(爆)

南君の恋人のちよみの発言、(いろんな側面がある中の一つとして)自分は南君のおもちゃじゃんという言葉には「あー、なるほど」と思ったぞよ。悪いことと捉えてはない気持ちもわかるというかなんというか。

 

とまぁ…

なんだかんだいって、恋に関することをブログの記事にしているあたり欲しているのでしょう…と認めざるを得ない。

 

恋をしたいという気持ちが代償行為の可能性もあるけれども…

 

 

自分の事をこういう風にあんまり分析するのは、落ち込みそうな気がしてどうかなと思わなくもないのだけれども、してしまう。

自分、多分、恋に限らずやりたいことにおいても、多分満たされていないんだなと思う。

 

過去ちょっとだけ成功したこともあるんだけれども、一度ちょっと成功するともっと上が欲しくなる。その成功を得たときはとても幸せだったはずなのに、時間がたつと足りなくなってしまう。なんか欲望がかえって大きくなってしまうんだよね。

ある程度の成功をつかんだら満足するのか、それとも永遠に満たされないのか…

 

人間とはなんと業の深い生き物なのだろうか。(はい、また主語がでかい)

 

でも、その要求は励みになり得るという意味においては、悪いことではないんだよね。うまく昇華しさえすれば。欲望をうまくコントロールして励み続ける。挑戦を続けていけばいつか報われるときがくるのかもしれない。逆に挑戦しないと可能性は訪れないわけだから…

 

と、考えると、今のこの僕の全然満たされていない状態というのは源泉としては優秀と言えるかもしれません。

 

HYのこの「重~い歌達」もそういう思いをエネルギーにして生み出されてるんだろうなと…こんな恋を本当にしたのかどうか真相は定かではございませんが、でも生生しいよね。現在vocalのイズさんはご結婚されてお子さんもいるみたい。幸せなのね。あーうらやましいw

 

 

あまり踏み外し過ぎないように、心が折れない程度に、やっていきましょうかね。

 

という寂しい男の一言。

 

ふひー憂鬱な夜

今日は情緒不安定につき、1日に2回更新しちゃう。

 

どうも、連休の最終日はよくない。休みが1日だったら、疲れてるからってのもあってか余計なことはさほど考えないんだけれども、(本業?が)連休だと、単発休みより酷くなる。

 

しかも、今日は夜に副業のお仕事が…

 

翌日仕事の前日夜仕事はただでさえ堪えるのに、メンタルが落ち気味というね。

 

しかも、この休み、合唱の人たちと会ってないこともあって、寂しさも増しているというかなんというか…

合唱団全体でみると、一応若い方にはいることもあってか、優しくしてくれるお兄様方が多い。「あれ、ちょっとかわいいと思ってくれてるのかも?」って言動をする人も中にはいる。そういう人に限って彼氏のいる人だったりはするんだけれども、でも自己肯定感が増すので優しくしてくれたり、かわいがってくれるのは、うれしいことであるのです。

多分、優しさに餓えてるんだと思う。

 

こっちの世界の集まりじゃなくても、ごくまれにそれに近いことを感じることもある。既婚で子供が何人かいる人だったりもするんだけれども、「あれ、この好意はノンケさんのそれとはちょっと違う気が?」ということがあったりもする。気のせいの可能性も高いけど、バイっ気があるのかな?セクマイ人口は13人に1人くらいの割合でいるとのことなので、30~40人の集団には2,3人いてもおかしくないはずなんだけどね。

 

それで、実際なにかあったりするわけではないのだけれども、男性から好意を感じる言動をもらうとやっぱ嬉しいんだよね。

女性からのは友情的なものだったら嬉しいんだけれども、微妙なラインの時は困ってしまう…

 

人恋しである。

 

でも、それで相方さんができるかというとそう簡単には行かないのである。

自分の性格、嫌いではないんだけれども、自分と似た性格の人を好きになるかと問われれば、多分ならない。

こんなブログ書いてる時点でちょっとだわ…結構面倒くさい性格をしていると思う。

 

精神的な依存度高めの癖に、一人も好きで、喜怒哀楽も激しいし、やる気ないときとか疲れとかすぐ表に出すしetc...と悪いところを挙げだすときりがない…

 

あー、この行動が自分を追い込むのね…

 

別に、大体似ててもいいんだけれども、もう少しだけどーんと構えている人がいいかもしれない。

 

 

時々弱気な、自暴自棄な、ネガティブな記事を書くけれども、これでもちょっと強がっているというかよく見せようとしているというか…いや、みんなそうなのかもしれないけれども、なんとなくそういうところが嫌に見えちゃう、自分が嫌かも。

 

とかいう、こういうこねくり回したような、うじうじとした、無限ループ的な悩み方をするのが一番面倒くさいところかなと思っています。

 

自分でも自分のこういうところが面倒くせぇ…

 

はー、今日、すごいネガティブwww

ここまでだと逆に面白いわ。

矛盾を楽しむ

1年の大きな仕事が一つ終わりました。

予想できたことなんだけれども、ちょっとしたアクシデントがあり、それによって思いのほか焦って引きずって…が心残り。それまでよかったのにな…

っつっても、トータルではよかったと思います。

 

心残りがあるといえば…合唱の合宿に行けなかったのも心残り。。。だって、仕事だったんですもの。嗚呼…

 

そのあと、久しぶりにしこたま飲んでしまいまして、飲み会後半~帰宅までの記憶があいまい。断片的に覚えている感じ…

 

交通手段…は多分これを使った。。。というのはあるんだけれども、確信が持てない程度にダメになっていました。

今年はこういうこと少なかった気がしたんだけれども、解放感からかなぁ。

 

そんな状態だったからなのかなんなのか、失恋してこっちに踏み出すきっかけとなった若者にLineしていた。しつこくなりつつある、初期段階で止めていたようなので(なんせ記憶があいまいなもんで、断言できない…)セーフ。。。ということにする。

 

しかしまぁ、振り返ってみると、自分にとっては大きな恋だったんだなと改めて…流石にもう、センチメンタルになることはないけれども、最近ちょいちょい思い出します。自分がかわいくなくともせめて女だったら違ったのかな…と思ったりもする。

 

でも、まぁ、あいつは面食いだからないな…多分、ノンケの男同士と思っていたから仲良くなれたんだろうなと思う。

 

うーん、こんなに執着(なのかな?)したことなかったかもしれん。

 

 

そんなときにHYの366日を聴くという愚行をしてしまう。ついつい。

なんとなく中毒性があるのねん。

歌詞はまぁ…いうまでもなくセンチメンタルなんだけれども、旋律も切なくて好みなのねん。というごまかしをしてみる。いや、ごまかしではなくて、本当に旋律がすきなんだけどね。

で、366でネットサーフィンしていたら、最愛の彼女と死別してしまったっぽい男性のコメントを読んで、切なくなってしまった。

 

 

切なくなったり、哀しくなったり、心を痛めたり…

こういう負(?)の感情に伴うと思われる行為にも関わらず、好んでやっているのだ。死を悼む、残された人の心情を想像して心を痛める、というようなものを積極的に求めてしまっている。

 

なんというのか…こう言葉にしてしまうと、浅ましいというか、不浄な行為というか、趣味の悪い行動のように見えてきてしまうのだけれども、発信側もそれによって心の整理を付けたりしているんだろうし、それには受け手も必要だよなぁ。とそれは気のせいということにしておく。

それに…仮に、浅ましいな…と思ったとしてもだからと言って止めるわけじゃないんだよね。

 

この行動で浄化される(ような気がする)。

 

とはいいつつ、リアルな悲劇は近くにそんなには転がってもいないし、あったとしてもそれをハイエナのように求めてしまうのは、いささか趣味が悪いというレベルを脱してしまっている気がするので、その点、創作物に行くというのはよいのかもしれない。

 

歌詞…っていままで全然注目してなかったな。 

今は、噛み締めてしまう。前述の「366日」も、マッキーの「もう恋なんてしない」も、高橋由美子(TAM TAM)の「友達でいいから」も。。。

 

前までは上っ面をなめていた感じなんだけど、今はもう少し中身を味わえるようになった。行間を読む(で使い方合ってるのだろうか)ではないけれども、心情を想像して切なくなるという楽しみ方。

 

悲しさを楽しむって矛盾しているようでなんかちょっと面白いね。

 

人生が少し豊かになったかもしれない。

 

いや、もっと豊かになりたいですよ…そういう気持ちはありますです。

切なさばっかりじゃなくて、満たされたいものです。はい。

 

ここ最近、こっちの方々に会ってない(泣)

じみ~な休みだったけど、案外疲弊した件

昨日の今日…

じみ~なぼへーっとした連休のはずだったんですが…なんやかんやいろいろやっていたら、やっぱり疲れました。

 

紙切れのようにぺらぺらなうです。

 

「何にもできてない!」と焦っている、という話を書いた後で、今日を振り返ってみると実際はそうでもなかった。少しずつ進んではいる。進んではいるんだけれども、いろいろ並行してやっていて、完了していないだけであった。

作業が完了しないがゆえに、落ち着かず、焦る、ということのよう。

 

ちなみに…

 

今日やったことを時系列に並べてみると…

 

・創作1 一応仕事 (キリはいいが完了まではまだかなり…)

・表現系(?)仕事1の付随作業

 しばしブレーク

志願してないボランティアの事務作業

・創作2(キリすらよくない)

・職場へちょこっと…

 30分くらいダウン

・表現系(?)仕事1

・表現系(?)仕事(のはず?)2

 帰宅なう

 

って感じ。

 

最後の仕事の時は同類仕事の資料が増えた(苦笑)

 

 

こら、疲れるわ…当たり前だ。

 

で、こんな状態にもかかわらず、合唱団のパートリーダーを来期引き受けてしまったというね(リーダーと銘打たれてますが主任みたいなイメージでしょうか。大きな団故に、回していくために役をやらないと…というなんとなくの勧めというかなんというかがあったことと、できるとしたら事務作業は向いていないので…これかなと)

 

学習能力がないのだろうか…

 

自分がやりたいことに関係すること(志願してないボランティアとかはしぶしぶ)であり、かつ、必要とされていると思うとやっちゃうんだよね…途中で放り投げないようにしないと。。。

 

何はともあれ今はそういう時期なのかもしれませ~ん。と思って頑張ろうと思っております。

 

「大変だ大変だ」なんていいつつ、結局自分のことしかしてないしね。

そういう意味では、お気楽なお一人さまでよかったかもしれません。

じみ~な休みには、文章を書いて、募る焦燥感を解消する必要があるのかもしれない

めずらしく連休です。ちょっと仕事してますが(-_-;

 

今回はプライベートのイベントが本当に何もない休み。

 

しかしまぁ、自分、休みべただなぁと相変わらず。

のんびり、くつろぐってのができないのであります。「何かしなきゃ…」という無駄な焦燥感があるというか…

それでも、ちゃんと集中してある程度仕事してるなら意味がある感じがするのですが、実際は適当にダラダラ仕事してはかどらず、はかどらないが故により焦り、途中から疲れてネットを見て「あー何やってんの自分」とより焦燥感を募らせ、休みの日なのにちゃんと休んでないことにも焦燥感を感じる。休むことに義務感を感じるという「おいおい間違ってないかそれ?」というのもある。。。

 

三すくみみたいな?

 

ただただ無駄に心を乱しつづける。

バカンスの風習羨ましい…とか言っておきながら、多分うまく休めないタイプ。

 

そして…平日より休日の睡眠時間の方が短いのが、また阿呆だなと。

仮に1時間半寝坊しても寝るのが3時間遅かったら、マイナス…って誰でもわかることなのにやってしまうのである。

かといって、昼寝するかと問われれば、マイナス分を取り戻すほどはしないし…

 

はぁ、なんか暗い(苦笑)

 

 

思考の癖なんだろうか、悪い方へ考え出すと、より悪い方へ悪い方へ…と行ってしまうのかもしれない。

(現実的な範囲の)良い方へ良い方へと考えたほうがいいんだろうな。

それでうまく行くこともあるし。

 

前言をひっくり返すようだけれども、さんざん「休めていない辛いー」なんて書いておきながら実際は多分休めている。

平日の長時間緊張しっぱなしの環境から解き放たれてはいて、休み明けは体が楽。

 

まぁ、あんまり無益な現状分析はするもんでないな。と思いますた。

分析するなら、もう少し未来のあることにしよう。そうしよう。

 

 

さて、ガラッと変わります。

 

恋人いなくても平気とかほざいておきながら、やっぱり欲しいなぁと、ふとした瞬間に思う。

 

たとえば、ラーメン屋に来てるカポーなんか見ただけでも思うですよね。

 

カポーの醸し出す空気感がうらやましいなー。と。

何をするでもなく、ただなんとなく居心地がよくているみたいな関係(なのかな?)…

 

いいなぁ。

 

友達がいればいいじゃない。ってのは、ライフステージによると思う。

学生の時とかある程度歳食った時点とか、自分の時間が増えてきた段階ならいいかもだけれども、今は家庭の都合を考えるとそんな気軽には友達は誘えない。

それに、友達は恋人とはなんか違う関係な気がするんだよね(居たことがないから気がするとしか言えないという…)。

 

ずっと一人は時々さびしい。。。と思う。

 

かといって、一人になりたいときもあるし。。。

 

とかいうとわがままなのかな。

こんなん言っているからできないのか(^_^;

 

活動も大してしてないし、できるのはまだまだずっと先…かな。

先でもいいから来てほしいけどね。その時。

 

死ぬ直前…とかじゃないほうがいいな(爆)